高脂血症に効くサプリとは?DHA&EPAが血管病に効く

LDLとHDLって何のこと?

 

脂質異常症については血液中の脂質の状態を調べるものであり、外見的に脂肪の多い少ないで判断されるものではありません。脂質異常症を判断する上で、悪玉コレステロールと善玉コレステロールといった種類のコレステロールに注目しますが、これらは何が違うのでしょうか。

 

コレステロールは脂質ですから水には溶けません。ではどうして血液中に存在しているのかというと、タンパク質と脂質が結合したリポたんぱくによって運搬されるようになるのです。リポたんぱくには4種類ありコレステロールを運ぶ働きをしているのが、「LDL」と「HDL」の2つです。「LDLコレステロール」を悪玉コレステロール、「HDLコレステロール」を善玉コレステロールと言いますが、これはどの種類のリポたんぱくによって運ばれているのかを示すもので、コレステロールそのものには違いがないと言われています。

 

コレステロールはもともとホルモンなどを作るための材料になるものですから、これがしっかり全身に運ばれなければ私たちの生命活動はしっかり行うことが出来ません。LDLは全身の組織にそのコレステロールを運ぶことです。しかしLDLが過剰になってしまうと、全身に必要な分以上にコレステロールが運ばれ余るようになります。HDLはコレステロールの回収のために働いているのですが、これが不足することもやはりコレステロールの余りを作ってしまい、こうして血液中にコレステロールが増えて動脈硬化などを引き起こすようになるのです。

 

漢方薬による脂質異常症の改善

 

脂質異常症になりやすいのは40歳前後の中年男性が多くなります。これは体の衰えと共に代謝が低下してくるのはもちろん、若い頃と食事習慣が変わっていなかったり、運動不足などが生じてしまっているからです。ただこのくらいの年齢でそこまで血液中のコレステロールや中性脂肪が異常に高くなることはそれほど多くありません。ただ悪化し始める時期であり、ここから年々健康上のリスクが高まって行くために注意が必要となります。

 

治療のためには漢方薬を用いる人もいますが、漢方薬は体の調子を整え体の抱えている問題を自然治癒力を高めることで治療するものです。コレステロールや中性脂肪が多くなる場合には、脂質の吸収を抑える効果を持つものや代謝を高めてエネルギー消費を促すものなどが用いられます。

 

大柴胡湯や柴胡加竜骨牡蠣湯、黄連解毒湯、三黄瀉心湯などが用いられていますが、持病の有無や体質などによっても処方される薬が変わってきます。これらの薬の中には低血圧の場合には、かえって血圧が下がりすぎるものなどもあるので注意が必要です。他には柴胡桂枝乾姜湯、八味地黄丸などが体の弱い人向けに用いられることが多いです。血行が悪い人には桂枝茯苓丸、桃核承気湯、当帰芍薬散、大承気湯などが用いられることもあります。

 

漢方医の診断から適切と思われる漢方薬が処方されますが、即効性を期待するよりも長期で体質改善を目指すためのものですので、効果を焦らずに継続して用いて食事療法や運動療法も継続することが大切です。

 

高脂血症の治療薬の役割

 

高脂血症は脂質異常症と名称が変更されるようになり、より脂質の状態に気を遣う必要が増していると考えられます。この時に考えるべき治療法として食事療法や運動療法があります。これらが優先される理由としては、一時的に薬剤などによって血中脂質の値を改善することが出来たとしても、それだけでは一時しのぎにしか過ぎず再発の危険性が高いからです。脂質異常症はひとつの生活習慣病と考えられ、生活習慣の影響を大きく受けています。

 

ただし重度の脂質異常や病的な要素を含む場合には、食事療法や運動療法などにプラスして薬物療法が行われるケースもあります。治療薬においては一般的に胃腸障害などの副作用の懸念があることから、出来るだけ使用しないで済むような改善方法が志向されますが治療薬がないわけではありません。

 

高脂血症治療薬には還元酵素阻害剤やフィブラート系薬剤など様々な種類のものがあります。これらはコレステロールの合成を阻害したり、脂肪酸の合成を阻害することによって新たな脂質が作られるのを妨害したり、脂質の吸収を阻害したりする役割があります。高脂血症の治療薬について痩せ薬のようなダイエット効果を求めている人もいますが、そういった種類のものではありませんので誤解のないようにしてください。

 

新しく脂質が合成されたりしなければ、徐々にではありますが自然に数値は落とすことが可能です。これらの治療薬に合わせて、基本となる食事療法、運動療法を継続して行うことが大切です。治療薬はこれらの効果を大きく引き上げてくれるでしょう。

 

高脂血症は脂質異常症に

 

現代では脂肪というとあまりにも悪いイメージばかりが多くなっていますが、脂肪は悪いことばかりではありません。脂肪は体内の細胞膜を構成したりホルモンの材料となったり、また緊急時のエネルギー源となったり、体、特に内臓の温度保持や衝撃からの保護など非常に多様に働いて、私たちの生命活動で重要な役割を担っています。

 

しかし血液中の脂肪が異常なほどの過剰になった場合が問題です。血液中の脂質濃度と動脈硬化の発生率には強い相関関係があるのです。そのため血液中の脂質が正常範囲を超えて高くなったり、逆に低くなってしまっている状態を「脂質異常症」と呼び、注意が必要なものとして警戒するようになりました。

 

脂質の濃度が高い場合にはよく分かると思いますが、低い場合も注意しなければなりません。この場合は善玉コレステロールまでもが低くなってしまっていて、そのために悪玉コレステロールや中性脂肪の排出がうまく進まなかったり、細胞やホルモンの合成が上手くいかなくなってしまうことがあるからです。結局これも多くのトラブルの原因となるために「脂質異常症」とまとめられるようになりました。以前は高脂血症と脂質の高さだけが取り上げられていましたが名称が改められています。

 

高脂血症は高血圧や喫煙とともに動脈硬化の発生に関して大きな要因となってきており、さらにメタボリックシンドロームが有名になり、厳しく診断されるようになってきてこの脂質異常症が明らかになる人も増えているようです。自分は大丈夫と考えずに、しっかり検査を受けて必要に応じて治療を行いましょう。

 

中性脂肪が高い脂質異常

 

脂質異常症、旧名では高脂血症は、血中の善玉・悪玉のコレステロール値、そして中性脂肪、総コレステロール値などを見て診断されます。その中でも中性脂肪は私たちが一般的に脂肪として認識しているもので、糖質や炭水化物を摂取してそれがエネルギーとして消費されずに蓄積されたものや、食事で摂取した脂肪分などが原料となって肝臓で作られ皮下脂肪や内臓脂肪の主成分として蓄積されたものとなります。

 

この中性脂肪は身体のエネルギー不足時に分解されて、ブドウ糖の不足を補ったり体温を一定に維持したり、また衝撃から内臓や体内の器官を守るなどの働きをしています。コレステロールもそうですが中性脂肪もやはり血中で増加しすぎると動脈硬化を引き起こす原因になってしまうので注意が必要です。日本人は中性脂肪値の高さから心筋梗塞を発症するケースが多いそうで、極端な中性脂肪値を持っている人は急性の膵炎を引き起こすことがあります。

 

健康な人の中性脂肪(トリグリセリド)値は50〜149mg/dLとなっていて、これを上回ると脂質異常症と診断されます。血中における中性脂肪の増加は食生活の影響や運動不足、そしてアルコールなどによる肝機能の低下、ストレスの影響、また遺伝的な要素などが複雑に絡んでいます。治療に際しては食事療法、運動療法を基本として難しい場合は薬物療法を行っていくことになります。

 

誤解されがちですが血中の中性脂肪の高さは必ずしも外見的な肥満を意味しません。ですから見た目は痩せているから大丈夫ということではないので注意してください。

 

脂質異常症に有効な成分

 

脂質異常症の改善は生活習慣の多くの改善と密接に関わっているため、この点に注目した健康食品が多くなっているのですが、その成分にはどういったものがあるのでしょうか。まずは、珍しいものではなく一般的な食物繊維に注目してみましょう。

 

食物繊維は、腸内でコレステロールを包み込んで排泄を促す役割があります。この作用によって体の中にコレステロールが吸収されるのを防いでくれるので、血中のコレステロール濃度の高まりを抑制してくれます。

 

また、大豆に多く含まれるリン脂質のひとつであるレシチンも、コレステロールを除去する効果に優れた成分です。中性脂肪の排泄を促す作用もあるため、様々な種類の脂質異常症に有効です。大豆だけでなく、卵黄にも含まれていて、納豆と卵のような組み合わせが非常に有効です。

 

アミノ酸の一種であるタウリンは肝臓における胆汁酸の分泌を促進し、脂質の分解を促してくれる働きをします。また、肝臓が元気になることによってエネルギー代謝が進むようになります。食品からはイカやタコ、貝類などに多く含まれています。DHAやEPAといった不飽和脂肪酸は青魚に多く含まれており、血中の脂質を除去する効果が高いことで知られています。そのため、血液サラサラ食品の代名詞となっています。

 

他にも、ビタミン類やポリフェノール類も血中脂質の分解・排出に有効ですから、これらを日々しっかり摂取することによって脂質異常症の改善が進みやすくなります。その他にも多くの成分がありますが、それらに頼りすぎず、普段からの栄養バランスを整えることを中心にして改善を進めましょう。

更新履歴